Share

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
ADP-Demo Hero Module-SubImage

乾燥肌荒れケア

カサつきからマスク荒れまで。今こそきちんと知るべき保湿ケア

ADP Hero Module Author Image

楢﨑裕美

美容ライター

慢性的乾いてたり、季節的カサつくだけではなく、ベタつき気になる場合乾燥 原因可能性大。さらに、乾燥よって肌のバリア機能低下し、肌が荒れることも。“基本のき”だけど、健やか 美肌 保つため不可欠保湿ケア 、今一度、見直してみませんか?

今の時代に、知っておきたい乾燥Topics

うるおい満ちたクリアな肌を目指すには、乾燥制する必要あり、まずは敵を知ること大事。SK-Ⅱ研究おいても、さまざまことわかってます!

Topic1 冬の乾燥と夏の乾燥は、違う!

湿度低く空気乾く冬、肌が乾くのは納得いくけど、ジトッしているのに夏が乾くのはなぜ?と不思議思う人も多いはず。確かに夏は皮脂分泌量が多く表面ベタついてますが、紫外線強烈で、とても暑い屋外エアコンきいた屋内気温差は相当ものダメージ大。それらより、肌の中が乾いているインナードライが起こっていたり、バリア機能乱れて、乾燥やすい状態陥っているです。

Topic2 朝がうるおいピーク。どんどん肌は乾いていく!

同じでも、朝、昼、夜で肌の水分量は変化。時間追うごとどんどん減っていきます。それには、日中エアコン、精神的身体的ストレス紫外線ダメージよる酸化など関わっている模様。とはいえ、回避するのは難しいからこそ、お手入れ保湿ケアする必要あります!

Topic3 「睡眠不足だと肌調子イマイチ」は、本当だった!

5時間睡眠3日続けると、肌の水分が約17%減り、水分喪失割合なんと13倍にも! 20代の肌でも、油断禁物。睡眠美肌とっていかに大事かを物語ってます。

Topic4 お酒タバコやっぱり美肌大敵。乾燥くすみ呼ぶ!!

お酒アルコールには脱水作用あるうえ、分解きれなかった血中アルコール蒸散することで肌のバリア機能壊れ、水分保持力低下! 実際、飲酒後約30分で肌の乾燥始まること確認されています。また、タバコの煙によって活性酸素発生し、肌が酸化。乾燥くすみ繋がります。

Topic5 うるおいの鍵を握るNMF見た目まで左右する!

皮脂セラミドなど細胞間脂質ともに、肌のうるおい保っているのが、肌の天然保湿因子よばれるNMF。このNMFの量は大人なると、子供の頃より激減。しかも、このNMFの量が減ると、肌の水分量低下するだけではなく、20代から30代へと年齢を重ねると、肌が硬くなったり、ツヤなくなったり見た目まで影響が。うるおっいること美肌条件なのです。

あなたの肌は大丈夫? こんな症状感じたらすぐに乾燥肌ケア!

  • つっぱり感カサつきある

  • 肌にツヤない

  • メイクくずれやすい

  • 粉をふいている

  • 触るガサガサ、ゴワゴワしている

  • ニキビ吹き出物できる

肌は乾燥すると、つっぱったり、カサついたり、ツヤなくなったり。キメ 乱れ、メイクのり悪くなります。さらに、その状態続くと、粉がふいたり、ガサガサ、ゴワゴワ する同時に肌表面守るバリア機能低下。刺激物などが肌の中に侵入 やすくなるため、ダメージ受けて、 肌は敏感傾き、肌荒れ起こしやすく なります。また、一見、乾燥無関係に思えるニキビ吹き出物などの皮膚炎も、 実は乾燥すること皮脂腺詰まりやすくなること一因して挙げられます。




一年中、リスクあり ! 空気乾燥

湿度下がり、空気乾くと、肌の表面覆う角層水分蒸発やすくなるため、肌の乾燥進みます。時にはかゆみにつながることも。秋冬もちろん、エアコン効いた 室内過ごす時間増える夏場乾燥やすい状況です。

よかれ思って、 逆効果。こすりすぎケア

乾燥揺らぎ化粧品環境 せいにしがちけど、意外落とし穴してチェック しておきたいのが、セルフ ケア。顔を洗うとき、 拭くとき、 化粧水なじませるときなどゴシゴシこすると、 バリア 機能みずから破壊して、乾燥進める原因に。

本当あなたの肌に合っている間違ったお手入れ

ベタつくから化粧水だけ。乾くから洗顔料使わない。 もしこういう ケア続けていて乾燥するなら一度見直す必要あり。ベタつくのは油分不足可能性高く、乾くのはきちんと汚れ古い角質落ちておらず、 うるおい浸透にくいのが原因かも。

実はバリア機能低下させる、紫外線

肌表面シールドし、刺激物微生物など侵入防ぐバリア機能。その一端角質 皮脂膜担ってますが、紫外線 浴びる皮脂膜形成する皮脂酸化。バリア機能弱まり、紫外線、刺激物、微生物などダメージ受けやすくなります。

時間足りない、 よく眠れない etc. 睡眠問題

肌の細胞どんどん生まれ変わることで、 うるおいきっちりキープできますが、この生まれ変わりリズム睡眠不足などよって鈍ると、 乾燥たり、バリア機能低下する原因に。 また、睡眠中 細胞再生修復必要 成長ホルモン分泌される、 いうことから考えて影響 大きい!

過酷ダイエット考えもの。栄養バランス乱れ

新しい細胞生み出すためには、材料 なる栄養必要で、 どんなにサプリ摂取したしても、やはりメイン なるのは 1日 3回食事。ダイエットなど制限 かけすぎると、肌がボロボロなるのはそのためです。




1.  しっかり保湿すること

肌の水分、油分バランス整ってこそ、肌のうるおい保たれます。そのため、化粧水乳液よる基本お手入れで、 しっかりうるおい与えて、きちんとフタすること先決。最近、マスク する機会増えましたが、 マスクよる摩擦から守るためにも、 乳液クリーム保護膜つくると◎。 マスク蒸れるなら、 油分少なめみずみずしいタイプ乳液選ぶいいでしょう。

2. 肌に優しく触れること

治し方は簡単。顔を洗うときは、手と顔の肌の間に常に泡とクレンジング剤挟んだ状態にし、 それら 転がすようなイメージで。顔をふくときタオルこすらず、そっとおさえ、化粧水などなじませるときは、肌をそっと包み込むように。ゆっくりした動作 意識するのも、優しく 触れるコツです。

3. きっちり紫外線対策すること

よく肌荒れするから、日焼け止め 塗らない 」という声も聞きますが、紫外線 浴びることバリア機能下がり、肌荒れやすい状態に。 とくに春先紫外線が夏よりも強く、ライフ スタイル変化などあり、ストレス受けがち。 だけではなく、 春も、 そして できれば一年中、朝のお手入れ最後に、 保湿ケア一環として取り入れましょう。日焼け止め保湿力あり、環境ダメージから肌を守る効果備えたタイプオススメです。  

4.  生活習慣改善

7時間前後睡眠理想いわれてますが、毎日、確保 するのはなかなか難しいかもしれません。そんなときは、お風呂入ってリラックスたり、寝る 1時間 スマホ避けるなどすることで、 睡眠の質を アップ! また、バランス よい食事大切。野菜含まれるビタミンミネラル 美肌づくりサポートし、魚や豆腐など含まれる良質タンパク質は肌の材料なります。

5. ときにはスペシャルケア頼ること

毎日、“良質睡眠”“栄養バランス摂れた食事” いう条件クリアできればいいけれど、 現実なかなか難しいもの。そんな ときは、シートマスクなどスペシャルケアを。 うるおい集中的補い、肌の 立て直し助けてくれます。
また、夏の乾燥には、 ふきとり 化粧水過剰皮脂オフ たり 、肌がひんやりするまで、化粧水含ませたコットンおさえるのも◎。 コットン パックオススメです。冬は乾燥よって小ジワハリ不足現れやすいため、リッチテクスチャー乳液 クリーム使ういいでしょう。

たかが乾燥、されど乾燥。放置 しておく肌荒れ原因なり、またエイジング進めてしまうだけに、 きちんと 向き合うこと大事。たっぷりうるおい与えてキープする正しいお手入れ 、ヘルシー毎日心がけましょう。




お手入れヒント

頼れる化粧品選んでうるおい続ける健やかでクリア素肌に!


楢﨑裕美

美容ライター
VOCEをはじめ、女性誌やWEBにて美容記事をメインに取材&執筆。美容本など書籍の製作にも携わる。最新テクノロジーやトレンドネタがとくに好き。肌質は混合肌。プライベートでは、ときどきキャンパー。