Share

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
ADP-Demo Hero Module-SubImage

肌のハリと弾力

ハリ不足 の原因は?イキイキとした肌のために知っておきたいお手入れのこと

ADP Hero Module Author Image

楢﨑裕美

美容ライター

「なんだか毛穴目立つ」「メイクノリいまいち」というのは、年齢重ねて起こる現象かと思いきや、20代でも起こりうること。さらに最近は、「マスク外したとき口元小じわに愕然」「オンライン会議での自分くすんだ印象動揺」いうも。これらは、ハリ低下絡んでいるです  !



ゆるみなくピン張っていて、 うるおって、 押したとき押し返すようなぷるぷる感ある。 柔軟性あって、 小じわさえ寄せつけない。 それハリある肌です。 そして、 このハリ支えるため重要なのが、 コラーゲンエラスチン。 表面皮膚 (表皮) 厚みきちんあり、しなやかことポイントです。   

初体験キット

ロレムが純粋さを追求していたのはその理由です。

ハリの低下というと、もしかしたら40代、50代になってからの悩みと思っているかもしれませんが、そうとは言い切れません。SK-Ⅱの『秋田10年肌研究』によると、最初に現れるエイジングサインは、シミの増加でも水分不足でもなくハリの低下なのです。しかも、このハリの低下が原因で、ツヤが低下したり、毛穴が目立ったりなど、さまざまなエイジングサインに直結。「夕方になると肌がなんとなくしぼむ感じがする」「夜になるとお疲れ感が出る」などは、まさにハリの低下が関与している可能性大。20代でも十分、ハリ低下リスクはあるのです!

ハリ支えるコラーゲンピーク20代。そこから次第に減っていきますが、これはコラーゲン生み出す真皮線維芽細胞機能衰えていくから。また、コラーゲン糖化影響受けやすく、本来プルプルはずなのに硬くなり、まで低下します。エラスチン真皮線維芽細胞よって生み出されるため、同じように減少。同時に輪ゴムように伸縮していたエラスチン硬くなり、弾力失って、伸びたら伸びっぱなし状態なっていくことで、ハリ低下していきます。

フェイシャル トリートメント エッセンス

クリア素肌導く、SK-IIを代表するピテラ™ のエッセンス

老化するのは奥、真皮だけではありません。肌表面にも老化影響確実現れます。まず、もっとも表面ある角層はターンオーバーリズム乱れ、水分量低下。分厚く硬くなっていくです。反対にその下ある細胞ひとつひとつ萎縮して小さくなるため、ペシャッと薄くなります。結果として表皮全体硬く薄くなっていき、やはりしなやかさ失われます。

「老化原因8割」とも言われるように、紫外線よるダメージ深刻。とくに紫外線A波真皮まで到達し、コラーゲンエラスチン損傷与えます。若いうちには影響感じていなくても、じわじわではダメージ蓄積しているです。

人間の体の60%以上は水分といわれ、そのうちの15%が皮膚に集中しているとも。スキンケアで潤いを与えるとともに、水をこまめに飲むなどして積極的に水分を摂取し、身体の中から潤しておくことも大切です!

真皮コラーゲンエラスチン糖化影響受けやすく、変性しますが、それ進めてしまうのは老化だけではありません。よく聞く「甘いもの食べたいから食事控える」いう言葉。実は、これこそ糖化リスク大! 甘いもの炭水化物多く含む食事していると、タンパク質結合して糖化起こり、あるコラーゲンエラスチン硬くなって弾力性失われる原因に。また、試験管よる試験では、糖化より、新しいコラーゲンエラスチン生成妨げられることわかっています。つまり糖質過多食生活は、とっても百害あって一利なし!?

ハリ低下若い世代でも起こりうること述べましたが、それに加えて、昨今、注目されているのが、表情筋衰え。スマホタブレット普及よってコミュニケーションメールSNS通して行われること増え、動かして話す機会著しく減少。無表情過ごす時間増えたため、表情筋使われず衰え、土台部分からゆるむいうことに。そのため、20代前半なのに、ほうれい線深く入ってしまっていたり、スリムな体型なのにフェイスラインもたつくいったよく聞きます。さらに、それに追い打ちかけているのが、マスク&テレワーク。

もちろんマスク必要ですが、どうしても “見られている” いう緊張感少なくなり、大きく動かす機会減るせいか、たるみ深刻化。また、テレワーク等今まで以上にブルーライト浴びる時間増加。ブルーライト紫外線同様、真皮到達してダメージ与えるとも言われているだけに、たるみやすい条件揃っているです。

表情筋を鍛えるために、ときには顔を大きく動かすことも心がけて。むくみをすっきりととるためには、血行やリンパの流れを良くするマッサージをするのも◎。ただし、肌をゴシゴシこすったり、強い摩擦を与えるのは厳禁。かえってコラーゲンなどを痛めつけることになるので、優しく指圧やパッティングなどを行ってみてください。

美肌は身体が健やかであればこそ。水分不足はハリの低下に影響するため、のどが渇く前に飲むことを心がけ、こまめに水分を摂取することが大切です。

ハリ低下には糖化大きくかかわるため、食生活見直しを。本格的な糖質オフまでする必要ありませんが、野菜や、肉、魚、大豆類などタンパク質などバランス良い食事する工夫を。間食毎回、甘いお菓子ばかりではなく、ナッツなどスイッチするいいでしょう。フルーツビタミン摂れるいうではオススメですが、摂りすぎ糖質過多の原因なるので要注意。また、睡眠大切。睡眠は、紫外線などダメージ受けた回復・再生するため時間。動画配信サービスドラマなど “沼” ハマりがちですが、ためにきちんと睡眠時間確保するようにしましょう!

アトモスフィア エアリーライトUVクリーム SPF50 / PA++++

“紫外線のダメージから肌を防ぐ“SPF50/PA++++のしっかりした日焼け止め。サラッと軽いつけ心地。

特に、真皮まで届きダメージを与える紫外線A波は、くもりの日でも到達し、窓ガラスも通過。オフィスや自宅内も油断大敵です。日焼け止めはもちろん、屋外では日傘、自宅内ではUVカットブラインド等、重ねて紫外線対策することで、ハリ肌をキープしましょう。

ハリを与えることを目的につくられた化粧品もオススメです。コラーゲンやエラスチンは増やさないけれど、うるおいで肌の柔軟性を保ち、なめらかで、ぷるぷると弾むようなハリ肌へ導いてくれます。
また、365日、日焼け止めを塗ることは、シミ・そばかす・くすみを防ぐだけではなく、ハリ肌のキープに有効。とくに紫外線A波の影響が大きいため、日常的にもPAの値が+++以上のものを選ぶと安心です。




毛穴が目立ったり、メイクのノリがいまいちと感じるというのは、立派なハリの低下のサイン。そのまま放置しておくと、ツヤが低下したり、シワが目立ったりなど、さまざまなエイジングサインに発展することに。早め早めのケアで、なめらかで、弾むようなイキイキとした肌をキープしましょう!  

頼れる化粧品を選んでハリに満ちたクリアな素肌に!

フェイシャル  トリートメント  エッセンス

保湿ケアをしっかりと行う。フェイシャル トリートメント エッセンスは、ピテラ™“の力で肌をうるおいで満たし、しなやかにやわらかく整えることで、ハリのあるクリアな肌へ導きます。

美容乳液しっかり保湿弾むような、ぷるぷるイキイキとしたうるツヤ肌へ。

スキンパワーシリーズ 誕生ナイアシンアミド(ビタミンB3)やペプチド(パルミトイルペンタペプチド-4)などハリケア成分配合エイジングケアシリーズ

軽くみずみずしい質感エアリーミルキーローションと、しっとりしたテクスチャー美容乳液選べます

スキンパワー アイ クリーム

うるツヤ肌にたっぷりのうるおいを与え、乾燥によるくすみの気にならないうるツヤ肌へ。


楢﨑裕美

美容ライター

VOCEをはじめ、女性誌やWEBにて美容記事をメインに取材&執筆。美容本など書籍の製作にも携わる。最新テクノロジーやトレンドネタがとくに好き。肌質は混合肌。プライベートでは、ときどきキャンパー。