Share

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
ADP-Demo Hero Module-SubImage

シミ予防対策

今も未来も、クリアな肌でいるために。知っておくべきシミ予防の基本と紫外線ケア。

ADP Hero Module Author Image

楢﨑裕美

美容ライター

出始めたシミ焦っている人。長い期間かけてシミ消したくて立ち向かっている人。そして、まだシミ現れていない人。それぞれシミへの思い立場違えども、お手入れポイント実は同じ。その理由対策紐解いていきます。

シミ原因メカニズム

  • シミ主な原因は…

  • 紫外線ダメージ

  • 乾燥

  • 加齢

  • ストレス

  • ホルモンバランス乱れ

  • 摩擦ダメージ

シミの種類はいろいろあるけど、そのもとなるのは、メラニン呼ばれる色素。有害な紫外線ダメージから肌を守るため生成されます。ところが、このメラニン過剰生成されたり、うまく排出できず蓄積し、表面浮かび上がるシミなってしまうです。


では、その原因はというと、遺伝いうより、まずは、やはり紫外線です。紫外線過度浴びることで、メラニン必要以上つくられるようになります。もうひとつ原因加齢。肌のシステムエラー起きやすくなったり、排出機能低下することで、30代こえたくらいから、シミとし現れやすくなります。


また、20代でも油断禁物。摩擦よるダメージも肌の中で炎症起こし、その炎症よってメラニン生成促され、色素沈着原因に。そのほか、肝斑ようにホルモン関係して出現するシミあり、ストレスなどかかわってきます。40代お顔には、さまざま種類シミ現れることに。

3ステップのトライアルキットをご覧ください

初体験キット

オーラ美白*へ、スイッチオン。SK-IIのベストセラー製品使って、クリアな素肌へ。




乾燥よる影響無視できません!

そして、決して忘れてはならないのがシミ乾燥との関係です。「いわゆるシミ呼ばれる老人色素斑や肝斑などシミ部分は、他の部分比べて肌が厚くなっていて、また、水分量が少ないことわかっています」とは、医学博士あるP&G 研究員箱崎智洋博士。「遺伝子解析観点からみても、シミ部分には角化(基底層で生まれた角化細胞分裂繰り返し、角質細胞変化すること)すすめる遺伝子非常多く発現されています。


同時水分蒸発コントロールするタンパク質発現落ちていること確認。これシミ部分は、水分保持する能力低いこと示唆しており、おそらく、角化進む一方で、古い角質剥がれ落とすため酵素が、水分不足より働けず、角質厚くなっている考えられます」(箱崎博士)

シミ予防基本は……UVケア、
 そして保湿ケア!

紫外線対策万全

いちばん大敵ある紫外線は、日焼け止めしっかり防ぎましょう。紫外線365 日、雨の日でもくもりの日でも室内にも到達します。SPF 30 ・PA ++以上日焼け止めを、毎日、塗ることオススメします! また、紫外線浴びて起こる酸化よってメラニン生成スイッチ押されるため、フルーツ野菜などからしっかりビタミン摂取することも、紫外線・シミ予防対策してぜひ取り入れてほしい習慣です。

保湿ケアしっかり行う

シミ対策保湿ケア?と思うかもしれませんが、シミ部分乾燥していることわかっているため、保湿ケアマスト。また、乾燥して肌のバリア機能低下すると、紫外線ダメージ受けやすくなるため、化粧水乳液うるおい補い、閉じ込めるケアしましょう。保湿ケアすることで、美白美容など手ごたえさらに期待できます。

古い角質取り除くケア取り入れる

メラニン含まれた古い角質やさしく取り除く拭き取り化粧水も、シミ対策してオススメです。たっぷりコットン含ませて、肌をこすらないよう優しくすべらせましょう。次に使う化粧水美容液なじみよくし、肌がきちんうるおうことで、透明感ツヤ生まれます。

こすらないスキンケア心がける

ゴシゴシ肌をこすったり、ニキビ吹き出物が気になるあまりつぶしてしまうと、毛穴周り炎症発生し、その跡が黒ずむ色素沈着発生します。それ防ぐためには、こすらないのがいちばん! ニキビ吹き出物触らないようにましょう!



そのうえで、もっとキレイ目指すなら!

美白アイテム取り入れる

予防基本おさえたところで、ぜひ取り入れてほしいのが、ニコチン酸アミド(ビタミンB3)など配合された医薬部外品美白美容液です。紫外線よるメラニン過剰生成おさえて、日焼けよるシミ、そばかす防いでくれます。塗るときトラブル現れやすい頬の高いところから全体へとのばすのがポイント。

まだ、シミない場合、美白美容液不要思うかもしれませんが、今、まだ表面には現れてない隠れジミ10年歳月かけて表面現れてくる可能性もあります。そんな未来シミ備えて、全体今からきちんとケアしておきましょう。

シミケアするお手入れは、透明感アップにもつながります!

一点曇り感じさせない透明感あふれる肌は憧れですが、この透明感邪魔するくすみ原因してあげられるのが、シミ同じくメラニン乾燥です。そのため、紫外線予防、保湿ケア、そして美白ケアしていると、肌色パッ明るくなったよう感じることも。そういう意味でも美白ケアオススメです。



シミが気になる!となると、美白美容液だけ飛びつきがちですが、意外大切なのが、保湿ケア紫外線対策いうベーシックケア。これきちんとこなしたうえで、美白ケア取り組んでみていかがでしょう。今の美しさ未来の肌を見据えてぜひ!






お手入れのヒント

くすみのないクリアな素肌を目指して、毎日お手入れを。


楢﨑裕美

美容ライター
VOCEをはじめ、女性誌やWEBにて美容記事をメインに取材&執筆。美容本など書籍の製作にも携わる。最新テクノロジーやトレンドネタがとくに好き。肌質は混合肌。プライベートでは、ときどきキャンパー。